E2a

ホンダCR-Vでの車の警報をインストールする方法

ホンダCR-Vは、自動車産業の進化のホンダの無限の追求の細かい製品です。 これは、高級セダン上で実行されるピックアップ大型機、もちろんホンダ品質、ドライブトレインです。 ホンダCR-Vを意味する高級車のように滑らかとしてそのドライブをピックアップされています。 またはあなたも、それはピックアップのパワーと快適高級車であると言うことができます。

印象的なデザインと相まって、その汎用性はホンダCR-V市場で、地下貿易の両方の車両引っ張りだこの一つになります。 多くの偉大な製品は、ホンダCR-Vのを盗んで自分の手を試してみましたさ。 今、あなたのホンダCR-Vを盗んで人を望んでいない。 ホンダCR-Vでの車の警報をインストールする方法についていくつかのヒントはここにある。

ホンダCR-Vでの車の警報をインストールする方法. あなたが必要とする資料を収集します.
ホンダCR-Vでの車の警報をインストールする方法. あなたが必要とする資料を収集します.

  • あなたが必要とする資料を収集します 。 あなたのホンダCR-V用のアラームキットを設定すると、問題が発生するでしょう。 しかし、他の車種として挑戦しない。 ホンダCR-Vは、すでにアラームキットにあらかじめ配線されています。 しかし、それは、あなたの警報システムをセットアップするための準備をする必要がないという意味ではありません。 だから警報システムをインストールするには、ZIPの絆が必要になります。 また、ドライバーを利用します。 その後、あまりにも準備がドリルを持っている。 そしてもちろん、車両配線アダプタとの完全なアラームキットずにプロジェクトを開始することはできません。 必要なギアを持っている場合今、あなたのホンダCR-Vがより安全に感じることを始めることができます。
  • 取扱説明書をお読みください 。 適切にこのプロジェクトの引っ張るために、それはあなたがすでにアラームキットの説明書を用意しているという事実であるべきである。 また、これは事故につながる事故やインストールの不具合を回避することに役立つだろう。 だから、あなたは完全にプロセスと同様に、予防のヒントを理解する感じるまでマニュアルにわたって続ける。
  • バッテリーのフックを外し。あなたの安全のためにエンジンを始動しないでください。 フードはバッテリーからプラスのケーブルを開き、削除するポップ。 これは安全に警報システムを設置するための最初のステップになります。 '安全に。'という言葉に注意してください
  • サイレンをマウントします 。 道の安全にプラスのケーブルを使用すると、サイレンをマウントすることができますあなたのエンジンベイに明確な範囲を見つける。 可能サイレン実装面積を特定すると、デバイスにフィット。 その後、エンジンの方を向いサイレンをインストールしていることを確認してください。 その後、運転席側でCR-Vのファイアウォールを通して配線を実行します。
  • 配線は、 のステップについては、にまでさかのぼることができますように、運転席を ​​移動しないでください 。 これは、あなたのドライバーのコンソールの下側ダッシュパネルの下に位置するヒューズボックスを削除するには十分なスペースを与える。 次に、プライマリ電線束を探す必要があります。 これにより、アラーム制御装置を接続する電線束である。 正しくお使いのデバイスを接続するためにタイラップを使用してください。 プロセスのこの部分を終了するには、ヒューズボックス内に白電源線へのコネクタを差し込む。
  • アラームLEDをインストールします 。 あなたのアラームLEDは、ダッシュボードの空白のいずれかを飛び出す。 その中にいくつかの穴を開けてLEDをインストールしてください。 直ちに制御モジュールのLEDの配線を接続します。
  • 衝撃センサーをマウントします 。 ステレオの側面にクリアして下さい。 そしてそこに衝撃センサーをマウントします。 プロセスを占有するには、点火ワイヤーバンドル内のスターター線を探します。 リレーを無効にするスタートを接続します。 そして、制御モジュールを使用すると、リレー、ロックモジュール、ホーンリレーと電源を配線する場所です。 その後、正のバッテリケーブルを交換してください。


ホンダCR-Vの汎用性を活用。 誰もそれを活用することはできませんので、警報システムをインストールします。