E2a

トヨタカムリブレーキのトラブルシューティング方法

トヨタカムリの本質的な安全部品の一つは、ブレーキシステムである。 自動車のブレーキシステムは、多くの場合、耐久性のある部品で作られているという事実にもかかわらず、それはまだ一定の使用が時間の経過とともに摩耗するする傾向がある。 ブレーキは信頼できるかもしれませんが、いくつかの部分は、最終的には、機能するために摩擦には特にために失敗。 安全性を確保するために、あなたのトヨタカムリのブレーキのトラブルシューティングを行う方法を知っておく必要があります。

  • ブレーキフルードのレベルを点検しますので 、ブレーキペダルはぬかるみと応答していると感じる場合、これは低いブレーキ圧が原因であるかもしれません。 あなたは、ブレーキシステム内の流体のレベルをチェックする必要があります。 あなたのカムリのボンネットを開けて、マスターシリンダーリザーバーを探します。 液レベルがMINとMAXのマークの間であれば外からは、通常見ることができます。 ブレーキ液レベルを設定するより多くの流体を追加する。 承認されたタイプを使用してください。 トヨタはDOT-3仕様のブレーキフルードの使用をお勧めします。
  • ステアリングホイールのフィードバックを確認してください。車が稼働している間に、ブレーキペダルを軽く進み、任意のステアリングフィードバックを感じる。 あなたは、ステアリングホイールを振動さを感じる場合には、ブレーキロータ又はパッドの表面でもありません。 あなたは、どちらのブレーキロータが評判ガレージやショップで再浮上または交換することができます。
  • 窓を開けてドライブ。任意のこする音の音を聞き 、そして適度な速度からブレーキにしてみてください。 あなたの車輪からのスクレイピング音が聞こえる場合、これはブレーキパッドの摩耗を示している可能性があり。 ほとんどの場合、この音は、本質的に金属及び迷惑である。 これは、ブレーキパッドが完全にしかし、磨耗しているわけではありません。 ブレーキパッドは、通常、ブレーキロータの表面を押圧小さなタブで摩耗インジケータを有する。 これは、パッドを変更する必要があることを警告することを意図している。 ブレーキパッドを変更しないと、ピストンやキャリパーに大きな損傷を与える可能性があります。
  • 漏れがないか、ブレーキブースターを点検します。あなたのブレーキ液は、多くの場合であっても補充レギュラーで還元されている場合は、問題はブレーキブースター真空ラインとは何かを持つことができます。 これは、少し沈んでブレーキペダルと明らかである。
  • ブレーキペダルの剛性を点検します。あなたのブレーキペダルを押し下げとカムリが通常の速度で減速されていないかどうかを確認します。 そこにブレーキラインの閉塞であっても、ラインが曲がっている可能性があります。 このブレーキの問題が診断され、固定されて持っているメカニックに車を取る。
  • あなたのフロアマットを点検。フロアマットは、障害の原因になることができ、何かが完全に押されているからあなたのブレーキペダルをブロックしている場合は、制動力が低下した可能性があります。 下向きまたは上向きのブレーキペダルの動きを妨げないフロアマットを使用してください。 重大な事故がフロアマットの不十分な配置に起因することが知られている。


あなたのブレーキを定期的にチェック

トヨタカムリブレーキのトラブルシューティング方法. ブレーキフルードのレベルを点検しますので.
トヨタカムリブレーキのトラブルシューティング方法. ブレーキフルードのレベルを点検しますので.

定期的にブレーキを確認し、必要に応じて、それらを修復したが、重大事故のリスクを軽減する。 あなたは簡単にマスターシリンダーリザーバーを補充し、障害物のチェックが含まれている場合は特に、あなたのブレーキシステムとの簡単な問題のトラブルシューティングを行うことができます。 しかし、深刻な問題は、安全を確保するために、専門家によって扱われるべきである。